資料館News 2010年5月

イタリア巡礼中のコンプリ神父からメッセージが届きました

4月5日、30名の巡礼者と共にローマに着いてから、ローマにあるイエスの受難の遺物を拝見しました。
聖なる十字架の遺物 イエスの十字架の札 二本のイバラ
聖なる十字架の遺物 イエスの十字架の札 二本のイバラ
次は、イエスの不思議なイコンがあるマノペロ(Manopello)を訪れましたが、私も初めて見てきたものです。これは何でしょうか、これからもう少し研究するつもりです。
Manopello教会 Manopello聖堂内 イコン
マノペロ教会 聖堂内 イコン
ロレトの聖なる家
ロレトの聖なる家

次は、ロレト(Loreto)でした。この町には、イエスとマリアが住んでいた家があります。それは、十字軍の時にナザレトからここに移されたものだといわれてます。

続いて、世界でも最高級のものであるラヴェンナのモザイクを見てから、私の生まれ故郷ヴェローナを訪れました。街全体、歩行者天国みたいです。本当に静かで住みやすいところです。ローマ時代の遺跡も多く残っているところです。また、素晴らしい教会があります。

聖骸布の一般公開
聖骸布の一般公開

最後は、ミラノを経て、目的地のトリノに着き、ここで聖骸布を見ることができました。

巡礼者は、世界中から多く、すでに2百万人を超えています。その感激は言い表せません。5月2日には、教皇ベネディクト16世も聖骸布を巡礼されます。日本のマスコミにもニュースが出るでしょう。

私たちが連れてきたグループは、火山灰の問題が起こる前に日本へ帰ることができました。

 
私はただいまヴェローナにいます。4月14日、チマッティ神父の新しい本が出きあがりました。タイトルは
    「チマッティ神父 − 本人が書かなかった自叙伝」
です。544ページ、120枚の写真が含まれている素晴らしい本です。全部、チマッティ神父の手紙などから編集したものです。日本に戻ってから、翻訳を始めるつもりです。今は、イタリアで宣伝する必要があります。
チマッティ神父-本人が書かなかった自叙伝(表) チマッティ神父-本人が書かなかった自叙伝(後)
チマッティ神父-本人が書かなかった自叙伝

来週、ローマを訪れて、16日はチマッティ神父の生まれ故郷のFaenzaで講演します。

イタリアは春の陽気です。自然は素晴らしい!山麓に桜がまだ咲いています。しかし、イタリア人にとって、「花より団子」です。五月中、さくらんぼうができるでしょう。 日本への帰国は26日に予定されています。

チマッティ神父を慕うすべての方のために神の恵みを祈ります。

2010年4月30日 イタリアヴェローナにて


チマッティ資料館 館長/ガエタノ・コンプリ神父
〒182-0033 東京都調布市富士見町3-21-12
電話0424-82-3117 fax0424-90-6707

戻る